企業にとって欠かせないラウンダーという存在

男の人

効果的な拡販方法

バインダーを持つ女性

自社商品を店舗で販売拡大するために、ラウンダーの活用が有効です。ラウンダーは、単なるルートセールスと異なり、店舗と一緒に自社製品の販売拡大を目指します。毎日沢山のお店で、陳列のチェックや、担当者とのコミュニケーションをとり、販売拡大を実現します。

エンドユーザーとも接点

相談

既存顧客の御用聞き

営業活動において最近重要視されているのがラウンダー業務です。すでに顧客として取引先になっている販売店や小売店を毎日巡回して販売状況を確認することが主な仕事になります。エンドユーザーの動向をつかむことも大事な仕事になります。エンドユーザーの生の声をアンケートすることもあります。これは次回の販促活動や商品開発に有効に活用することができます。顧客ニーズを的確に把握しないと企業は商品を世に送り出しても販売数を伸ばすことはできません。タイミングと顧客のニーズをしっかりと把握することが必要になります。この情報を収集することがラウンダーの一番の目的になります。販売店では、一緒に販売数を伸ばすための活動も行います。店頭でのイベントなども積極的に参加して販促活動を自ら行う事もあります。販売店や小売店の売上を伸ばすことにもつながるため、ラウンダーは小売店や販売店から重宝されています。取引先からの信頼度もラウンダーを通じて得ることができるのです。そのため、ラウンダーを適切に配置することに企業は力を入れているのです。新規営業にももちろん力を入れますが、新規契約はそう簡単に受注することはできないのです。ビジネスの現場では新規が難しいため既存顧客を徹底してフォローすることを行っています。そのため営業の現場では新規獲得スタッフよりも既存顧客を大事にするラウンダーを重宝する動きになっています。派遣などを利用して人員を増強することも良く行われています。

既存顧客がキーポイント

男性

営業部門における既存顧客のフォローは企業にとって非常に重要な位置づけになります。ラウンダーはその一端を担う大事な存在になっているのです。会社の収益は既存顧客がキーになっています。そのため派遣スタッフなどを活用しているのです。

チェーン店舗の調査方法

相談

支店を持つスーパーのチェーンなどでは、ラウンダーを活用して各店舗の売り上げアップを図ります。専門の派遣会社には様々な年代や性別のスタッフが登録されており、派遣先の業種によってラウンダーを派遣します。商品の陳列や店員の接客態度などをチェックして報告します。本社ではそれを参考に売り場の改善を行います。